行政書士堀井タヰガ事務所

タグ『不動産』のページ一覧

お問い合わせはこちら LINEでご相談

タグ『不動産』のページ一覧

タグ『不動産』のページ一覧

page

目次現時点では所有権を有していなくても、将来的に取得する予定のある土地も当然相続の対象になります。それゆえ、遺言書に将来取得する予定の財産を記載することは可能です。その場合は、具体的にどの…

個人や法人が所有し管理している道を「私道」といいます。これに対し、国や自治体が所有し管理する道は「公道」です。私道には、不特定多数の者の通行の用に供する通り抜け道路と、そうでないものがあり…

目次農地の登記簿上の地目は田又は畑です。登記簿上の地目では宅地や原野でも、現況地目が農地であれば、農地と扱われる場合があります。農地を相続した場合は、農地法により農業委員会への届出義務があ…

目次未登記の土地とは、公有水面の埋立てや海面からの土地の隆起、寄洲等により新たに土地が生じた場合や里道、水路等の国有地で未登記(無番地)の土地が払い下げられた場合等生ずる未登記の土地のこと…

目次現況測量は、土地をそのままの状態で外観から広さや位置を測ることです。通常は現地の境界標やフェンス、ブロック塀などで囲まれた範囲を測量し、依頼主の指示に従って行われることもあります。そし…

目次分筆とは土地を複数に分割することを指します。例えば、土地の一部を売却したり、相続した土地を相続人で分割したり、土地の一部を道路など別の用途で使用する際に、分筆の登記が行われることが一般…

目次一筆とは、土地の個数を表す単位であり、独立した1個の土地を指します。各土地には地番が付され、登記簿上では一筆の土地が1個の不動産として扱われ、土地ごとに1つの用紙が使用される「一筆一用紙主…

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。